0422-56-8655

〒180-0022 東京都武蔵野市境1-1-7 クオラ2階

MENU

これからママになる方へ

Maternity Dentistry

これからママになる方へ|フルールおやこデンタルクリニック 武蔵境駅徒歩30秒の歯科医院

MATERNITY DENTISTRY

これからママになる方へ

マタニティ歯科ってなに?

妊娠初期はつわりなどによって、毎日のお口のケアも思うように出来なくなってしまいます。その上、普段と比べ、妊娠中は免疫力が低下するため、お口の中のトラブルが起こりやすくなります。
心も身体もいつもと違う状態にある、そんなデリケートな状態の妊婦さんのお口のケアを行うのが「マタニティ歯科」です。

妊婦さんのお口のトラブルはお腹の赤ちゃんの健康に影響してしまうことがあります。
なかなかご自身では気づかないうちにお口の環境は変わっていくので、妊娠がわかったら、是非お口の状態のチェックにいらしてください。

マタニティ歯科ってなに?

マタニティ歯科ってなに?

妊娠中はお口の環境も変化します

妊娠中はホルモンのバランスが変化し、多くの妊婦さんがつわりを経験します。食生活も変わることがほとんどです。そして身体が変化するだけでなく、お口の環境も変化するのです。

妊娠性歯肉炎

妊娠初期に始まり出産後によくなることがあります。女性ホルモンの増加やつわりなどによりお口のケアがあまりできなくなるなどの理由が考えられる歯肉炎です。

虫歯

つわりにより、お口のケアがしっかりできなくなり、嘔吐(おうと)による胃酸が歯の表面を溶かすことなども加わり、虫歯になりやすくなります。

妊娠性エプーリス

妊娠中のホルモンの影響により歯茎の一部(上の前歯や下の奥歯など)に良性のコブのようなものをつくることがあります。

もしかしたら赤ちゃんへの影響も

実は歯周病によって、早産・低体重児出産のリスクが高まるという報告があります。血管を介して体内に歯周病菌が運ばれることでおなかの赤ちゃんに悪影響がでてしまうのです。自分の体だけでなく大切な赤ちゃんのためにも、妊娠中のお口のケアはしっかり行っていきましょう。

歯医者さんに通うタイミングはいつ?

妊婦さんのお口の中は、さまざまな影響により、虫歯や歯周病などのトラブルが起きやすくなります。このお口のトラブルは妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんの健康にも影響するので注意が必要です。妊娠中に歯科治療を受けることに不安があるかもしれませんが、適切な時期に受けることで、妊婦さんの健康も赤ちゃんの健康も守ることができます。

妊娠初期

妊娠初期は重要臓器が形成される時期ですのでこの時期は基本的に応急処置にとどめています。

妊娠中期

安定期と呼ばれるこの時期は特別な治療を除いて、通常の歯科治療を受診できます。

妊娠後期

妊娠後期は出産が控えており、身体的に負担がかかるのでできる限り避けましょう。治療を行う場合は、体調をみながら無理しない範囲で治療を行います。

妊婦さんが歯を治療するのに最適な時期は、安定期の5~8ヶ月の間がベストといわれています。
この、精神的にも身体的にも安定している時期に集中して治療やケアを行います。
出産後は環境が大きく変わり、歯医者さんに通う余裕がなくなってしまうことが多々あります。
ですので、安定期に早めにご相談いただければ、できる限りその期内に治療を終わらせるように計画を立てていきますので、どうぞご相談ください。

妊娠中のお口のケアについて

「つわりでうまく歯磨きができない…」
そんなお声をよく耳にします。
妊娠中は身体の変化により、いろいろ大変な時期ですが、少しでも快適なケアができるようなポイントをご紹介します。

小さめの歯ブラシを使う

歯ブラシをお口の中に入れるだけでも吐き気をもよおす方がいます。小さな歯ブラシに変えることで嘔吐反応が和らぐことも。

歯磨き粉はつかわなくてもOK

歯磨き粉の香料が唾液の分泌を促し、それが嘔吐反応につながることがありますので、無理に使用する必要はありません。

1日1回はきれいに

毎食後が理想ではありますが、なかなか難しい場合は、自分の体調のよい時間を見計らって1日1回 (なるべく夜)だけでも丁寧なブラッシングをしましょう。

お口をゆすぐだけでも

甘い物や酸味のある物をダラダラ食べていると、お口の中は虫歯になりやすい環境のままとなります。ブラッシングができないときは、お水や緑茶で口をゆすぎましょう。

生まれてくる赤ちゃんのために ~マイナス1歳からはじまる予防歯科

マタニティ歯科では、妊婦さんとともにお腹の中の赤ちゃんや授乳中の赤ちゃんも対象です。

マイナス1歳からの虫歯予防

生まれたての赤ちゃんは無菌状態なので、お口の中にも虫歯菌はいません。しかし2歳7ヶ月頃までに、主に母親などの保育者からお子さまに感染します。つまりご両親のお口のケアがお子さまの虫歯予防となるのです。

妊娠がわかったら、どうぞご夫婦で歯医者さんのドアを開けてください。
これから生まれてくる我が子のために、そしてご自身の健康のために、お口のケアをしていきましょう。